よろずやだいありー

色んなことについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おぉ。そうか。

ドゥカティがロッシ獲得だってさ。ちょい楽しみ。
スポンサーサイト
[ 2010/08/18 21:32 ] バイク | TB(0) | CM(0)

また。

また放置してたわ。でも、ちゃんとエンコードはしてるし(笑)バイクは乗ってないが…落ち着いたらまとまった記事を書こうと思います。
[ 2010/08/15 00:20 ] 日常・雑記 | TB(0) | CM(0)

現在の状況

え~っとですね。とりあえず今現在の状況を。

IMG_0335.jpg

IMG_0338.jpg

IMG_0331.jpg

彼方此方エーテックのカーボンに交換したりしてノーマルに比べて随分と黒くなりました。これ以上カラー変更するなら分解して塗装かな。まぁ性能に直結するのはBEAMSのマフラーくらいですかね(全域でパワーアップが感じられます?)
ってかマトモなカメラ欲しい(´・ω・`)ショボーン
[ 2010/07/16 13:45 ] バイク | TB(0) | CM(0)

ストライクウィッチーズ2 画質&フレームレート

ストライクウィッチーズ2の第01話視聴しました(BS日テレ)

それでは、画質&フレームレートをチェックしましょう。
画質に関しては綺麗なHDでしたし、フレームレートも周期一定24fpsのようです。
エンコに関しても楽できそうです(笑)
(C)第501統合戦闘航空団 2010 BS日テレ                         

(・(ェ)・)「あの…パンツ見えてるんですけど?子熊の教育にも悪いですし…」

(`・ω・´)「あっ…これ、パンツじゃないんで大丈夫です!!」

(・(ェ)・)「」

その壱 Aviutl~導入~

はじめに言いましたように最初はAviutlから記述していきたいと思います。

大前提として
PTシリーズで録画したtsファイル、PVシリーズで録画したdvファイルが存在するものとします。

作業工程
*tsファイルの場合
 
1.TsSplitterでHD以外のデータを取り除く。
 2.BonTsDemux1.10で映像ファイルと音声ファイルに分離する。
 
3.分離した映像ファイルと音声ファイルをAviutlに読み込ませてCMカットの後にx264でエンコードして完成。

*dvファイルの場合は、3番目の作業だけになります。


エンコするには色々なものが必要になりますので、以下に載っているものをダウンロードしてください。
・TsSplitter
作業工程1のために必要です。

・BonTsDemux1.10
作業工程2のために必要です。

・Aviutl
これは言うまでもありませんね。

ファイルを解凍したらaviutl.exeがあると思うのですが、同じフォルダ内にPluginsフォルダを作成してください(しなくても問題ありませんが、作成した方が整理しやすくなります)

・MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In
文字通りMPEG-2を扱うのに必要なものです。

ファイルを解凍したら、「m2v.vfp」と「m2vconf.exe」というファイルがあると思いますが、その二つのファイルをAviutlのPluginsフォルダに入れてください、その際に必ず「m2v.vfp」を「m2v.aui」にリネームしてください。

・DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl
ファイルを解凍したら「ds_input.aui」と「ds_input.ini」があると思いますので、それらをPluginsフォルダに入れてください。

・EARTH SOFT DV.aui
Aviutlでdvファイルを扱うのに必要です。

これもPluginsフォルダに入れておきましょう。

・MP4Plugin
seraphyのプログラム公開所にある「MP4Plugin」をダウンロードしてください。ファイルを解凍したら「mp4export.auf」と「mp4input.aui」があると思いますので、それらをPluginsフォルダに入れてください。

・x264
seraphyのプログラム公開所にある「x264詰め合わせ」をダウンロードしてください。ファイルを解凍したら、auoフォルダの中にある「x264gui.auo」と「x264gui.ini」をPluginsフォルダに入れてください。

・Nero AAC Codec
音声をAACにするのに必要です。

ファイルを解凍したら、win32フォルダの中にあるneroAacEnc.exeファイルをAviUtl.exeと同じフォルダに入れてください。



とにかく今回は、AviutlのPluginsフォルダの中に最低限必要なものを入れただけです。
基本的に以上で導入は終了ですが、エンコードするには必要なことがフィルタ類も含めて他にもあります。


次は最低限のフィルタやAviutlの設定について記述します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。